【アル・ディ・メオラ、パコ・デ・ルシアも愛用のブランド】
名匠ドミンゴ・エステソの血を受け継ぎ、その伝統技術を現代に継承するスペインの有名なギター製作家、コンデ・エルマーノス。
そのコンデ・エルマノス(エルマノス=兄弟)の名前でギターを製作してきたフェリペ・コンデが自身の名前でギターの製作を開始しました。
(これにより、コンデ・エルマノス名での製作は終了。)
エステソの伝統を受け継ぎながら改良を重ね製作されるギターは、立ち上がりが早く、強烈な太い低音と、フラメンコ独特の哀調を帯びた高音で他の追従を許しません。
アル・ディ・メオラ、パコ・デ・ルシアなど多くのギタリストに使用されています。

Felipe Conde History
マヌエル・ラミレス(1866-1916)の弟子でサントス・エルナンデス(1873-1942)と並ぶギター製作家はドミンゴ・エステソ(1882-1937)である。
1915年にマドリードのグラビーナ7番地にギター工房を開き、エステソの甥である二人の兄弟、兄・マリアーノ・コンデ(1916-1989)と弟・ファウステイーノ・コンデ(1918-1988)がこの工房でエステソの指導をうけ、ギター製作に励んだ。
エステソの没後、コンデ・エルマーノスの名前であとを受け継ぎ製作にあたった。
兄のマリアーノ・コンデは息子、フェリーぺ・コンデ(1957-)とマリアーノ・コンデII世(1959-)の成長によって、弟ファウスティーノと別れ、1979年、マドリード、フェリーぺ通りに工房を開いた。
マリアーノの息子である若きコンデ兄弟は、エステソの伝統を受け継ぎながら改良を重ね、製作されたギターは立ち上がりの早い、強烈な太い低音と、フラメンコ独特の哀調を帯びた高音で、他の追従を許さないフラメンコギターとなった。
パコ・デ・ルシア、ニーニョ・リカルド、サビーカス、エスクデーロなど、ほとんどのフラメンコギタリストがコンデのギターを使用するのは当然といえば当然である。
そして2010年、コンデ・エルマノス(エルマノス=兄弟)の名前でギターを製作してきたフェリペ・コンデが自身の名前でギターの製作を開始しました。
(これによりコンデ・エルマノス名でのギター製作は終了しました。)



店長より・・
国内の入荷が少なく大変貴重なフェリペ・コンデのフラメンコが遂に入荷しました!
さらに今回のギターは海外では販売しておりますが、国内には入荷していないギターが限定で入荷しました。
もちろん、正規輸入品ですので保証も付きますし、今後のアフターケアも安心です。
試奏した感想です。
フラメンコギターの王道とも言える、ボディートップにはスプルース、サイド&バックにはシープレスを採用し、立ち上がりが良く明るく反応の良いサウンドで、フラメンコの伴奏などにも抜群に相性が良く、本格的なフラメンコギターを探されている方におすすめの1本です。
写真では判りづらいですが、ゴルペ板もボディに貼ってありますので激しい演奏にもギターを守ってくれます。
弦高も低めに調整されており、6弦にもサワリがしっかり付いております。
本場スペインの情熱的なサウンドを探しているギター演奏家におすすめです!

Top:Spruce
Back & Sides:Cypress
Neck:Mahogany
Fingerboard:Ebony
Bridge:Rosewood
Scale Length:650mm
Nutwidth:52mm
Finish:Natural
付属品:ハードケース

【送料無料】
※沖縄県/その他離島にお住まいの方は別途送料が掛かります。